無表情の女「THE EXPRESSIONLESS」真相

  インターネット都市伝説

無表情の女

初出

2012年頃から、以下の画像と「無表情の女」のエピソードがネット上に都市伝説として噂され始める。

概要

1972年にとある病院にマネキンのような女性が現れ、病院内で大暴れ。

口には潰された子猫の死体を咥えていたという。

その女が病院スタッフに取り押さえられているシーンを撮影した写真が、問題の写真だという。

海外ではかなり有名な都市伝説で、再現動画まで存在している。

真相

写真の元ネタは、Lord Snowdonという写真家が撮影した写真。

写真のタイトルは「蝋人形の患者を持つ看護学生」

つまり、マネキンのような女ではなく本物の「マネキン」だったということになる。

こちらの写真は1972年に出版された本に掲載されていて、「無表情の女」の噂も1972年が舞台になっている。

LEAVE A COMMENT